Linuxを再起動するときにfsckしない


Linuxサーバで高負荷などトラブルが起こった際、サーバ再起動しますよね。

サーバ再起動するとき、fsckが走ってしまって、再起動に時間がかかって、障害が長引いた嫌な経験はないでしょうか。

shutdown コマンドに -f  オプションをつけて再起動することで、fsckをスキップすることができます!他にもマウントオプションを変えたりすればできますがこんな手っ取り早い方法があるとは、知らなかった。

えっ私だけ?


# shutdown -rf now

Broadcast message from hoge@hoge.jp
(/dev/pts/0) at 2:29 ...

The system is going down for reboot NOW!

参考)
http://www.k4.dion.ne.jp/~mms/unix/linux_com/shutdown.html